FX初心者にお勧めの書籍をご紹介♪

【2020/12/10】-14.70pips

2020/12/10の日次損益

たけ

2020年6月から始めたFXトレード歴6ヶ月のデイトレーダー「たけ(@take_fxlab)」です。
現在通算▲¥784,490です。

2020年12月10日のトレード実績です。

トレードスタイル
  1. デイトレ
  2. ユロドル/ドル円/ユロ円メイン、チャンスがあれば他通貨も
  3. テクニカル(水平線・EMA・ボリバン・フィボ)
  4. 4時間足・1時間足の第3波狙いがメイン

 

実績

トレード実績

日次実績

日次実績まとめ
  • 損益:▲¥1,535
  • 獲得pips:▲14.70
  • 取引回数:1回
  • 勝率:0.00%

 

通算実績

項目 2020/12/10 通算
決済損益 ▲¥1,535 ▲¥784,490
取引回数 1 1,108
ロット数 1 8,893
pips数 ▲14.70 ▲1547.10
0 623
1 485
勝率 0.00% 56.23%
利益平均 – pips 8.33 pips
損失平均 14.70 pips 13.89 pips
ペイオフレシオ
プロフィットファクター 0.00 0.77
利確pips計 0.00 pips 5189.10 pips
損切pips計 14.70 pips 6735.40 pips
日次勝敗 負け 59勝66敗

またもやトレード1回のみ。
慎重に慎重にエントリーしたつもりが、負けました(T_T)

ユーロドル15分足で、アセンディングトライアングル発生。
セオリーでは完全に上昇のところ、上位足でトレンドが明確に出ていたらトレンド方向に向かう事が多いと思っていて、ショート。
逆行で損切りしました(T_T)

後で見直したら、トレンドという程でも無い感じだったので、ここはセオリー通りが良かったのか。

三角持ち合いはムズカシイです・・・

 

反省点

反省点

反省点
デモや過去検証でやるべきだった
三角持ち合いの知識、まだ浅いのにいきなり本番でエントリーしてしまった。
過去検証やデモで試してみてから本番で使うべきでした。

ちょっと過去のチャートで、トレンドってどんなもんなのか?セオリー通り上抜けの確率はどんなもんなのか?を調べてみます。

 

学び

学び

MEMO
三角持ち合いは基本セオリー通りと考える
アセンディングトライアングルはセオリーは上、ディセンディングトライアングルはセオリーは下。
上位足でトレンドが出ていなければ、セオリー通りでいける。
検証してみないと確定ではありませんが、恐らく。
だから、今後三角持ち合いを見つけたら積極的に狙っていこう。検証してから。

 

次回以降について

課題
1.日足・4時間足で環境認識
2.4時間足のダウ、エリオット波動を確認
3.1時間足でチャートパターン確認・シナリオ想定
4.15分足、5分足でS/L浅めに置けそうなポイントを探りS/Lに合わせロット調整してエントリー
5.プライスアクション等でトレンド終了を見極め利確

この手順でトレードしていきます。

トレードスタイル
  1. デイトレ
  2. ユロドル/ドル円/ユロ円メイン、チャンスがあれば他通貨も
  3. テクニカル(水平線・EMA・ボリバン・フィボ)
  4. 4時間足・1時間足の第3波狙いがメイン

 

マイルール
  1. トレードは多くても1日10回まで
  2. エントリー・エグジットのシナリオを毎回描く
  3. ストップロスを必ず設定
  4. 日・4時間・1時間足を見て15分・5分足でエントリー
  5. S/Lの値でロットを変える
  6. 環境認識していない通貨ペアはエントリーしない
  7. ポンドは月末ロンフィクで目線と波があった時のロングのみ
  8. サマータイム15:00/21:00、通常15:30/22:00に基本エグジット
  9. ミラトレは絶対しない
  10. 経済指標等で大きく動いた時は戻る動きに乗る時以外基本いじらない

 

目標
  1. ペイオフレシオ1
  2. 勝率60%
  3. 月300pips(1日20pips前後抜き)
久々のマイナスとなりましたが、今までみたいにドカンではないし学びのある負けでした。
次に活かせるよう頑張ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です