FX初心者にお勧めの書籍をご紹介♪

東大院生が考えたスマートフォンFXを読んでみた

東大院生が考えたスマートフォンFX

たけ

2020年6月から始めたFXトレード歴1ヶ月のデイトレーダー「たけ(@take_fxlab)」です。
現在通算▲¥251,828です。

10万部を超えるベストセラーでFX初心者向きと好評の「東大院生が考えたスマートフォンFX」という本を読みました。

先週「世界一わかりやすい!FXチャート実践帳〈スキャルピング編〉」を読んで、具体的なテクニカル手法、また自分でトレードルールを作る指針を学べましたが、そもそもFXとは?という基礎がまだできていないので、初心者用の書籍を探していたところこちらの本に出会いました。

この本、とてつもなく読みやすかったです!!
具体的なトレードチャンス等も書いてくれているので同じページを何度も読み返したりしていましたが、5時間もかからず読み終えました。
少し古いですがこの本は僕のような初心者の方やなかなか自分流のトレード方法を確立できない方等におすすめです♪

 

この本を読んだ理由

FXを始めて1ヶ月が経ちますが、まだ自分なりのトレードルールというものがフワッとしています。
テクニカル分析の手法は少し勉強したものの、実際の成功しているトレーダーはどのようなトレードをしているのだろう?という疑問から、成功者の体験談的なお話と合わせてFXについて基本を学べたらと思いこの本を選びました。

 

本の概要

タイトル 東大院生が考えたスマートフォンFX
出版社 扶桑社
発売日 2015/2/17
価格 ¥1,540
(Amazon 2020/7/06時点)
ページ数 207ページ

この本では、大学生だった著者さんがFXを始めたきっかけや失敗から、どうやって立ち直り成功していったのかというサクセスストーリーから始まります。

FXの基本や値動きが起こる「大衆心理」について、投機筋の行動を考えた時間帯別のトレード方法、為替市場の傾向、役立つツールの紹介等内容が濃い!
MACDとボリンジャーバンドの簡単な使い方も紹介されています。

簡単にまとめると、大衆心理を理解したトレードをしようね、こんな時はこう動く傾向があるよ、このツール使えるよ、具体的にこんな考え方でトレードするといいよ、と教えてくれる本です。

 

著者のプロフィール

田畑 昇人
トレード歴10年以上の個人投資家。
主にFXをはじめとする金融商品の投資で生計を立てている。

著書に「東大院生が考えたスマートフォンFX」があり、10万部を超えるベストセラーとなった。

最新刊「武器としてのFX」が、Amazonベストセラー(最高総合12位)になるなど、好評発売中。
田畑昇人公式FXブログ

 

著者の田畑さんは、東大院生という超エリートの個人投資家さんです。
やっぱりアタマが良いんだな~と、文章の読みやすさで気づきます。
過去のご自身の経験やその時の自分を引き合いに出す事で、初心者の読者にも上から目線の表現になる事が無いような書き方で、とても面白くサラサラと読めます♪
読み終えてすぐに最新刊の武器としてのFXも購入しましたw
Twitterもフォローし(@shoto0212)ブログ「田畑昇人公式FXブログ」もブックマークしました。この本を読み終えて大ファンになった形です僕。
Twitterのプロフ「完全感覚トレーダー」が好きですw
僕もトレーダーとして胸を張れる程実績を残せたら「完全在宅トレーダー」にしよう。この場合ワンオクに許可とかいるのだろうか。

 

読んだ感想

この本の評価
読みやすさ
(5.0)
習得できる知識量
(4.0)
信頼性
(5.0)
コスパ
(5.0)
オリジナル性
(5.0)
総合評価
(4.5)

個人的見解ですのであしからず…
本当に面白く、役立つ本だと思います!
文章が上手なので読み進めるのに全く苦にならないし、かつ有益な情報も満載です。
そしてご自身の体験を元に書かれているので当然信頼性・オリジナル性も高いですし、かなり良かった♪
Kindle版で購入したのですが、ライン引いたり付箋貼ったりして何度も読み返したいので、本も再度買おうかと思っています!

Amazonのレビューを見ると「コレ読んだからって勝てない」「手法使えない」「真似したら負けた」等のお声もあるようですが、これは読む側の問題なのではと思います。
具体的手法は確かに明記してくれているのですが、真似すれば100%勝てる手法なんて無いのは当然ですし、もし勝てたとしてもその時の相場で使えた手法が何年も使えるワケはないと思うんですよね。
何故値動きが起こるのか?どうやって大衆心理を考えれば良いのか?具体的なルールを作る為にどこまでチェックしてどこまで詳細に作り上げれば良いのか?等考える際参考にしてね、って言いたいんだと思います。

知っておいて損は無い周知の事実、使えるツールを教えてくれた上で、「自分はこういった考え方でこんなルールで取引したよ、ここまでやる事でこれだけ結果が出たよ」と言ってくれていると受け取ると、なんてありがたい本なんだ!!!と感動しました。

 

こんな人におすすめ

  • FX初心者さん
  • 自分の都合に合わせた時間帯でトレードして負けてる僕みたいな方
  • 大衆心理がピンと来ない人(僕みたいな)
  • 日中いつでもトレードできる方
  • 小難しい本が苦手な方

 

残念だったところ
残念というワケではありませんが、タイトルと中身が異なるかな?とは思いました。
東大院生だから、東大院生なのにという内容や、スマホでここまで!という驚きなどは特にありませんでした。
普通に、FXのデイトレード入門書として最高でした♪

中級者さん以上の方はもしかしたらご存じの事が多く物足りなく感じるかもしれません。
ただ、僕がKindle版買って本も買おうとしているところや、次の武器としてのFXも買ったところで伝わると思いますが、初心者さんは絶対に読んだ方が良いと思います!

 

まとめ

東大院生が考えたスマートフォンFX」は、著者さんご自身の失敗から、立ち直り成功者になるまでに行ってきた事や学んだ事、成功した経験を元に市場の傾向や時間帯のクセ、大衆心理の考え方やエントリーやエグジットに役立つツール等を紹介してくれているボリューム満点の書籍です。
この本を読む前にFXとは?という基礎の基礎は別途身に付けてほいた方が内容すっと入ってくると思います。
テクニカルツールの具体的な使い方とこの本があればそこそこまともなトレードができるのではないかと思います。僕、できてないんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です